GHiJのブログ(虚栄の市)

NBAブログの体裁を取った闇鍋です

オフの動きとかホークスについてとか

はい、久しぶりのブログ更新ということで、一夜にして焼け野原と化した我がチームのオフの動きをまとめました

OUT

・Paul Millsap(→DEN)

・Dwight Howard(→CHA)

・Tim Hardaway Jr(→NYK)

・Thabo Sefolosha(→UTA)

・Jose Carderon(→CLE)

IN

・Marco Belinelli(←CHA)

・Dewayne Dedmon(←SAS

・Miles Plumlee(←CHA)

・Nicolas Brussino(←DAL)

・John Collins(←Wakeforest)

 

最初から最後まで褒めるところが一つもない酷いオフでした。ドワイトをクソみたいな値段で売り払ったのを皮切りに(なんかPOでの起用法で揉めたみたいですね、それ以外に地元出身の元スターをこんな条件で出す理由がない)、ミルサップにはオファーすら出さず(ならデッドラインで出しとけよ)、せっかく良心的な値段でNYKとサインしたTHJを引きとめないという惨状。地味にセフォローシャもいなくなって昨年のスタメンが4人も抜ける異常事態になりました。

一方で入ってきたのはドワイトのトレードで加入したベリネリ、プラムリー、そしてSASからのデッドモン、ダラスをクビになったブルッシーノ、そしてルーキーのコリンズ。どの選手も控えの域を出ません。デッドモン、再契約したイリヤソバは単年で契約が切れ、また、ミルサップ、ガリナリ絡みのサイン&トレードでジャマクロと指名権を引き受ける(ジャマクロはその後カット)など今年の目標が勝利以外なことは明白。ただ、個人的には昨年コーバーを出した時点でミルサップも出してもっと大胆に舵を切るべきだったと思っています。

今年は、プリンスやサマーリーグで大活躍したコリンズなどの若手に出番を与えて成長を促しつつ、上位指名権を狙うことが目標となるでしょう。14-15シーズンに東首位を取ったスタメンが全員チームを去り、ドワイトまで去ったホークスは再建の道に踏み出します。おそらくそれは長期間にわたるものになるでしょう。

ただ、これでよかったのかもしれません。毎年そこそこの陣容を揃え、そこそこ勝ち、そこそこで終わるホークス。スモールマーケットや他のプロスポーツとの競合を差し引いても余りに集客力の弱いホークス。そんな体質を変えるのに、このシーズンはいい機会だと思います。

幸いにして、今シーズンは3本の1巡目を持っています。今シーズンの負けで、上位指名を掴めるなら、生え抜きのスーパースターをゲットするチャンスがやってきます。そうして、再び魅力あふれるフランチャイズを作り上げることが出来るなら…それが僕の願いです。

僕がAtlanta Hawksを応援すると決めたのは去年の今頃でした(受験…)。もともと応援する理由はなく(ドワイトが移籍してきたのは少しありましたが)、ツイッターアトランタクラスタがいないからみたいな軽い理由で始めましたが、なかなかいいものでした。これから先も、ホークスを応援していけたら幸いです。

 

 

追記:不良再建引き取ります、デンやノアノアノアなどの処遇に困ってるチームの方いらっしゃいましたら連絡ください