GHiJのブログ(虚栄の市)

NBAブログの体裁を取った闇鍋です

3/29 結構頑張って書いたNBA

最近新生活に向けて忙しい。と言うのは建前でやる気がなくなったから更新ページが落ちてる。自刃。

受験生活が一応終わり、大学への準備が始まった、というか佳境になっている。受験後に自分を振り返って気付いた多くの事を活かしてこれからの生活を悔いのないものにしていきたい。悔いのないものにしていきたいと去年多分3回はタイプしたが多分達成されたことはない。4度目の正直という諺はない。今回も達成出来る見込みは薄いがやるだけやってみよう。

珍しくNBAの話をすると、試合を暫く見てない間にATLが泥沼の連敗で7位タイまで転落してしまった。怪我で欠場中のミルサップの重要性を痛感する。残念ながら今季もプレーオフに中下位シードで出場して1回戦2回戦で敗退する未来が容易に想像できる。ドワイトとミルサップも恐らく衰えが見えてくるだろう。となるとここが若手育成への転換時期かもしれない。幸いにしてTHJが今季かなりの成長を見せ、デニス、ベイズモアの怪我で出番を掴んだプリンスと合わせて若手のコアを形成できる。ここにミルサップ、ドワイトの後継たるインサイドを持ってこれればなかなか将来性のある面子が揃うだろう。ただ残念ながらFAに適当な人材がいない上にドラフトも高順位のものは持っておらず、ニーズを満たせる人材に乏しい。PFはミルサップの再契約を軸に、ルーキーを補強するのが吉か。Cは契約期間中にはドワイトに頑張ってもらい、その間に若手を掘り出したい。

今オフはハンフリーズ、セフォローシャ、イリヤソバの契約が切れキャップが空き、恐らくミルサップもFAとなる。またTHJ、マスカラが制限FAとなるなど、ティーグ、ホーフォードの去った昨オフ以上に入れ替えの激しいオフになると予想される。FAに人気のない土地柄なのでKDやグリフィンなどの大物を取るのは無理だが、ミルサップを残留させつつ今過剰なウイング、PFを整理してPG、Cのバックアップを補強すること位はして欲しい。ドワイト、ベイズモアを動かして再建に突入するのもそれはそれで一案かもしれない。どちらもかなり買い手を選ぶとは思うが。

真面目な話をしてたら脳が溶けたのでけものフレンズの最終話を観た。泣いた。いや流石に泣かなかったが面白かった。二期期待

3/19

最近色々忙しく、ブログの更新もNBAの視聴もなかなか出来ないので適当に日記的な感じで。

今日はいつ寝たか覚えてないが寝落ちした。多分2時くらいだったか。その後正午ごろに目が覚めたが布団で人生について考えていたので起床は13時半、その後部屋の片付け以外は堕落した生活をしていた。

最近思うことが増え、精神が落ち着かない。1年くらいかけて安定させたい。周りより一年早く大学に行くのだから、今年は色々な事をやろう。

3/16雑記

2日目にして書くことがなくなった。受験のことでいくつか書けることはあるがまだ纏まってない。それ故身の回りに落ちてる小ネタを拾って行くことにした。

今日は母校となる大学の履修手続きなどが詰まった段ボールが届いた。何故創設者の自伝が入ってるのか小一時間問い詰めたいが、パラパラと見て見たところ必修以外にも自分の興味ある科目をいくつか取れるらしく楽しみになって来た。小ネタが1つしかなかった。つらい

高校を卒業し、あと2週間後には大学生活が始まり、それを左右する新歓も始まる。無数に開かれている薔薇色のキャンパスライフへの扉を逃さないようにしたい。勉強の方も嫌いな科目を取らなくていいのでそこそこやっていこうと思ってる。

ブログ名の由来とその他の名前候補の由来

厨二病っぽいブログ名にも由来がある。「虚栄の市」は19世紀にイギリスのサッカレーによって書かれた長編小説らしい。文化史で習ったが内容などはさっぱり知らないのでウィキで調べて見たが、よくわからなかった。今度読みたいと思う。積み本が溜まっていていつ取りかかれるか皆目検討がつかないが努力したい。

他の3つの候補のうち2つにも由来がある。「陸に上がった河童」は皆さんご存知のことわざで、陸の部分が私の今度お世話になる大学に、河童の部分がGHiJにオーバーラップする事から始めに思いついた。アンケートでもこれに入った数が一番多かったが、よく考えるまでもなくクソダサいので没にした。

「磨いた板」はラテン語のtabula rasaの邦訳。ジョン・ロックの言葉として有名だがそれより前からあるらしい。ブログのタイトルとしてキャッチーでふさわしいと感じた。

残りの「紅海周遊記」は完全な造語。理由は気が向いたら書く。

自己紹介(NBA)

2013-14シーズンのカンファレンスファイナルから見始め、15-16シーズンには立派なクラスタとなっていた(アカウントを今の名義にしたのもこの時期)。15-16シーズンまでは特定のチームを応援していなかったが、今シーズンからアトランタ・ホークスを応援し始めた。

ついでにアトランタホークスを応援する事になった理由を述べるが、特に無い。強いて言うならハワードが移籍してきたから。「付き合ってから好きになるのがリア充」論理に基づき決定した。この論理は的を射ていると思う。

トレードやドラフトなどの皮算用も好き。デッドラインは基本的に徹夜する。今年注目してるドラフト候補はLonzo Ball、Jonathan Isaac、Lauri Markkanen。

書こうと思ったきっかけ

偶々見つけた筑駒生のブログが非常にかっこよく、僕もこんな感じでブログをやりたいなと思った為。

3連続でクソ短い投稿になってしまい申し訳無い。

因みにきっかけとなったブログはこちら http://all-is-vanity.hatenablog.com